〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1
NKテクノビル2階

045-317-3808

横浜にあるクリニックです。泌尿器科・内科・前立腺肥大症・前立腺がん・膀胱炎・尿道炎・アレルギー疾患等の診療・土曜診療・土曜午後診療・休日診療

トップページ院内紹介院長紹介アクセスリンク

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区
鶴屋町3-35-1
NKテクノビル2階
地図はこちら>>

ご質問・ご相談は
Tel : 045-317-3808
メールはこちら>>

診療時間(受付時間)
午前 9:00~12:30
午後 15:00~18:30
土曜
9:00~12:30
14:30~17:00
休診日 木曜・日曜・祝日
 

携帯サイト

前立腺肥大症

TOP»  前立腺肥大症

前立腺肥大症

膀胱の出口にあり、尿道をとりまくくるみ大の組織が前立腺で、ふだんは水道のじゃ口のような働きをしています。加齢とともに肥大を始め、尿道を圧迫してじゃ口がうまく開かず、尿の出が悪くなった状態を前立腺肥大症といいます。主に40代後半から始まる男性の病気です。

前立腺肥大症初期病状はトイレに行く回数が増える(頻尿)・夜間2回以上起きる・下腹部の重苦しい感じがする・尿の勢いが弱くなるなどです。進行すると排尿のスタートが遅く、終わるまでに時間がかかり、出きらずに残った感じ(残尿感)が出てきます。

さらに進行すれば排尿の回数が増し、睡眠不足になったり一度の排尿に時間もかかるようになり、飲酒後に尿が出なくなる事すらあります(尿閉)。

このまま放置すれば膀胱は出きらない尿でいっぱいになり、勝手に尿があふれ出て下着を汚したり(尿失禁)、腎臓から膀胱に尿がうまく流れず尿毒症へと進んでいきます。診断は肛門から医師の指による前立腺の直腸診・腹部超音波検査・尿流量測定検査などで行います。

治療は病状と患者様の全身状態によりますが、まずはじゃ口を開きやすくする内服薬から開始し、前立腺を縮小させる薬を追加します。内服薬が無効で手術の必要な方は専門病院に紹介し、良好な結果を得ています。